ITリテラシー

ITリテラシーの差

ITの進展
  • パーソナルコンピュータの進展に伴い、キーボードやマウスといったIT機器を操作しながら、文章やメール、表計算、あるいは、様々な業務処理をこなしていく事が普通になりました。
  • 通信の世界でも、携帯電話が個人でも持てるようになり、これまで固定電話中心だったコミュニケーションの形も大きく変わりました。
  • そして、インターネットが普及し、必要な情報をネットを通して得ることもできるようにもなりました。
  • しかし、こうした時代にあっても、キーボードをうまく操作する事ができず、必要な情報を、自分で自由に得られないとった方々も、主に中高年の中に、多数存在しています。
  • 従って、ITリテラシーの差によって便利なインターネットの時代にあっても、全くその恩恵を得られない人達や、あるいは、キーボードアレルギーによって自らを便利な情報機器から遠ざけてしまっている人々もいるのです。

タブレットという新発明

直感操作
  • 一方、21世紀になって、アップル社の故スティーブジョブス氏は、iPadという優れたタブレットを世に出しました。
  • この優れたタブレット端末は、幼児から老齢なシニアまで、すぐに直感的に使えるように、これまでのPCとは全く次元の異なる、モバイル端末の活用法を、ユーザーにもたらしました。
  • キーボードから遠ざかっていた方々もわずか数種類の直観的操作方法を覚えれば、誰でもが簡単に操作できる優れたインターフェイスを持っています。
  • タブレットを活用すれば、人々の間におけるITリテラシーの差を大いに縮める事ができます。

JFEマガジンなら操作は簡単

簡単操作
  • 誰でもが簡単な操作だけで、高度なマルチメディア機能を持ったマガジンやカタログを閲覧できるようになるのです。