モバイルバッテリー

モバイルバッテリー

テザリングのところで、LTE付スマートフォンを使えば、WiFiモデルのタブレットでも、外出時に高速通信が可能だとありました。

わざわざ、外で無線LANスポットなどを探さなくとも、どこでもネットアクセスが可能です。

しかし、スマートフォンをテザリングで使用すると、バッテリーの消耗が激しく、タブレットの方は良くても、スマートフォンは1日中は使用できないで、電池が消耗してしまいます。

その場合、すぐに急速充電ができるモバイルバッテリーがあると非常に便利です。

最近は、充電容量も多く、安く高性能なモバイルバッテリーが沢山でてきました。

今日はこのモバイルバッテリーの話をします。

容量

バッテリーの容量を示すものとして放電容量があげられます。小型のモバイルバッテリーの場合は、 [mAh] ミリアンペア時(ミリアンペアじ、ミリアンペアアワー)が使われます。

使い始めから使い終えるまでにバッテリーから放電した電気量のことですね。

ちなみに、最新のiPhone5sは、1560mAh相当と言われています。

従って、それ以上のバッテリー容量があれば、一応安心という事になりますね。

最近では、10000mAh以上のモバイルバッテリーも登場し、タブレットも充電できるようなものも出てきました。

大きさ

コンパクトなものから大きなものまで、いろいろ種類があります。

しかし、バッテリー容量が多いとそれなりに、サイズも大きなものになってしまいます。

自分の使い方と重さも考えて、許容できる大きさを選ぶとよいでしょう。

スマートフォンをテザリングで使用するとなるとそれなりの容量が多い方が安心です。

信頼性

サードパーティ製の充電器を使用して、iPhoneを充電中に感電死したニュースが最近ありました。

モバイルバッテリーも様々なメーカーから発売されていますが、発火する可能性の高いリチウムイオンを使ったバッテリーなので、それなりに信頼性のあるところから、調達するのが良いと思います。

Jeffie & Tab

コメント


認証コード4995

コメントは管理者の承認後に表示されます。