iPad mini Retina 4G LTE版がやってきました!

iPad mini Retina 4G LTE版

ジェフィーのところにも、待望の予約していたiPad mini Retina 4G LTE版がやってきました。

すごっくいいですね!!!

いつでもどこにでも持って行ける絶妙な大きさ、重さ、4:3比のディスプレーサイズ、そして高速モバイル通信である4G LTE。

テザリングもできますので、外出時にノートPCとの連携もOKですね。

これまでのモバイル端末の中では、最強のツールだと思います。

その昔、システム手帳がビジネスマンの間に流行りました。

特に外で活動する営業マンなどの間で、スケジュールや、打ち合わせメモ、必要な資料をコピーして、いつでも参照できるようにしたりしていました。

その後、システム手帳の機能の多くは、電子手帳や、携帯電話の様々な機能の活用、最近では、それはスマートフォンに置き換わりつつあります。

もちろん、紙としての閲覧しやすさ、手書きでさっとメモできるといった利点から、まだまだ利用されているのも事実です。

スマートフォンがすべてを代用できるという訳でもありません。

しかし、WEB、資料やカタログ、雑誌などといった大量の情報を閲覧するといった用途になると、スマートフォンでは、ディスプレーサイズに限界があり、快適に閲覧できるとはいえません。

やはり、JFEマガジンで扱っているようなものは、タブレットのようなサイズで見るのが適しているのです。

ところが、通常のノートPCよりも軽いタブレットでも、常時携帯するとなると躊躇する大きさと重さでした。

特に女性にとっては、バッグに気楽に入れておけるものではありませんでした。

昨年iPad miniが登場して、大きさと重さについては、十分にその要求を満たしていましたが、それまでに、iPad Retina ディスプレーを見慣れてしまっている人々にとっては、表示品質に満足できませんでした。

そして、ついに登場したのが、iPad mini Retinaです。

非常に素晴らしい印刷物を超える表示クオリティ、小さな7.9インチでディスプレーでも、日経新聞1面が文字がつぶれずに表示できるほどです。

できたら無線LANの環境でしか使用できないWiFiモデルではなくて、4G LTE版を選択するのがお薦めです。

いつも身近において、どこでもさっとWEBにアクセスしたり、資料をみたり、スケジュールを確認したり、電子雑誌を閲覧したり、映画をみたり、いろいろな事ができますね。

どんな感じか、さっそく見てみましょう。

外観

昨年登場した登場したiPad miniとの比較です。外観は、裏面が少し違っているのと、厚さが少しRetinaの方がありますが、ほとんど変わりません。

iPad mini RetinaとiPad miniの外観比較

大きさ

iPad mini Retinaの大きさを身近なものと比較しました。システム手帳とDVDパッケージケース、そしてハードカバー書籍です。

iPad mini Retinaと大きさ比較

ちょうど、ハードカバー書籍とDVDパッケージケースの間くらいです。

しかし厚さは、DVDパッケージケース半分程の薄さです。

iPad mini Retina厚さ比較

表示クオリティ

マクロレンズで細部を写した時の表示品質の差を見てみました。

iPad miniとの比較では、Retinaの表示品質が際立っているのが分かります。

JFEマガジンの場合はカタログや雑誌が主体ですから、印刷物との比較で小さな文字がどのように表示されるかがキーとなっています。

iPad mini RetinaとiPad miniの表示比較

高速通信

4G LTE版の通信速度を測ってみました。

4G LTE通信速度計測

4G LTEの通常エリアの場所では、平均で、ダウンロードスピードが10Mbpsを超えており、一昔の構内有線LANの速度を上回っています。

非常に快適ですね。

iPad mini Retina4G LTE版は、これからのビジネスマンにとって必須のアイテムになっていく予感がしました。

Jeffie & Tab

コメント


認証コード7968

コメントは管理者の承認後に表示されます。